スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.10.18 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    働く意欲があっても越えられない年齢の壁

    0
      JUGEMテーマ:転職活動


      最近仕事の意欲と年齢について考えることが良くある。
      年齢が高いから仕事ができる、あるいは年齢が高いから仕事に対する意欲が低下する、こなん年齢に対する採用担当者の思い込みがあるのではないか。
      確実に言えることは、年齢が高くなるにつれて、採用される可能性がどんどん低くなり、自分の好みと関係の無仕事に就くことに妥協せざるを得なくなる。

      年齢が高くても、仕事に対する意欲がお旺盛で、能力が高い人もたくさんいる。
      その人たちが活用されないまま、うずもれていってしまうのがつらい。
      私も何度となく年齢の壁にぶち当たってきた。
      よりよい仕事、より生活を安定させることができる仕事を願って、就職活動を行っているが、年齢を重ねるうちに、厳しさが倍増する。

      続きを読む >>

      就職できるのか、転職できるのか、この厳しい時代で

      0
        JUGEMテーマ:転職活動

        前回の記事アップからだいぶ時間が経ってしまった。
        この間、気持ちばかりが焦って、ストレスもピークに達し、何度も挫折しかけたが何とか現在に至っている。
        中高年にとって、今よりましな転職は夢のまた夢なのか。
        失業中の中高年は日和見的な政治の方向にますます失望感をつのらせている。

        中高年ばかりがつらいわけではない。
        大学卒業後の希望にあふれる仕事を夢見て就職活動を行ってきた新卒にも厳しい就職難の波が押し寄せている。
        2人に1人が就職できない状況だそうだ。
        このままアルバイトに身を投じてしまうと、そこから正社員に這い上がるのは至難の技になってくる。
        やはり社会全体が彼らを支援しなくてはいけないのではないか。

        これ以上経済弱者を増やさないためにも、景気が良くなり、就職環境が改善されることを望む。

        就職先が決まらずに年齢だけがかさむ

        0
          JUGEMテーマ:転職活動


          中高年の転職状況は本当に厳しい。
          この厳しさを実感しながら転職活動をしている人が多いと思うが、なかなか希望通りに就職活動がはかどらない。
          就職活動を始めてから1年を超えてしまったという人も珍しくはないと思う。
          実際、就職できたとしても、そこは本命ではなく、劣悪な労働環境でじっと我慢しながら次のチャンスを窺っている人も相当数いると思う。
          そのうち年齢だけがかさんでいき、気がつけば募集年齢の上限枠を超えてしまい、応募先が激減してしまうことになる。
          そんな環境下で、夢も希望もなくしてしまう人が多い現実をこれから転職を考えている人たちはどう受け止めるのか。

          転職サイトでは成功事例ばかりをクローズアップさせ、失敗事例はほとんど載せていない。
          単に面接で失敗した、転職活動で失敗したなどの記事は一部で見られるが、その失敗した人たちの本当の現状がまったく伝わってこない。
          時には作り話のように感じてしまうこともある。

          転職は成功とは裏腹に失敗も多い。
          特に中高年の場合、一度転職に失敗すると、坂を転げ落ちるように一気に労働環境が悪化してしまうケースがある。
          この現実を認識して転職を決意する方が良い。

          私は、転職できたが、さらに上を目指している。
          その中には自分で会社を興すことも含まれる。
          中高年だからと言って、社会の隅に追いやられることがあってはいけないし、自分でも負け犬にはなりたくない。
          だから、夢だけは捨てない。

          転職で派遣を選ぶ場合

          0
            JUGEMテーマ:転職活動


            転職したい、転職せざるを得ない、転職にはいろいろ理由があるが、どのような理由であっても転職に成功すれば当座の生活に困ることない。
            しかし、だれもが転職に成功するわけではない。
            正社員として仕事に就きたいと思っていても、なかなか実現できず、やむを得ず派遣での仕事を選ばざるを得ない場合もある。

            最近図書館に行ってびっくりしたことがある。
            派遣切りの問題が2009年になって大きくクローズアップされたが、その関連の本が急に増えた。
            派遣切りに困っている人が、その関連の書籍を置いてほしいとの要望を出したのかどうかは不明だが、確かにその関連の本が増えている。

            世間では新型インフルエンザの話題に関心が集まり、ニュースも報道の中心をインフルエンザ関連に移している。
            しかし、派遣切りの問題が解決したわけではない。
            まだまだ水面下では大きな問題として根付いている。
            現在派遣で働いていて、いつ派遣打ち切りを通告されるか、びくびくしている人も多い。

            今手元に図書館から借りてきた「どうする派遣切り2009年問題」がある。
            まだ読み始めたばかりだが、すさまじい現状を垣間見た気がする。
            だれに頼ることもできない、ワーキングプアを見捨てるような社会であってはならない気がする。

            転職事情が厳しくても就職活動を継続しなくてはいけない理由

            0
              JUGEMテーマ:転職活動


              5月の連休が終わり、就職・転職活動を再開した人も多いと思う。
              しかし、経済状況は一向に良くなる気配を見せず、新型インフルエンザの影響もあり、就職・転職には益々厳しい状況になっていくのではないかという思いがある。

              特に、最近の新聞紙上における求人数の激減にはびっくりさせられる。
              少し条件がいいなと思われる求人に対しては、応募者が殺到しているらしい。
              そのような中で、中高年の求職者は今まで以上に厳しい就職活動を強いられている。

              履歴書を送っても、何の返事もないケースが増えている。
              それでも、就職活動は継続しなくてはいけない。
              生活に余裕があれば、のんびり構えて、就職活動を行っても大丈夫だが、中高年の場合、せっぱ詰まった事情をかかえて仕事を求めている場合が多い。

              現在仕事を得ていても、労働条件がどんどん厳しくなり、今までの生活レベルを維持することが難しくなり、転職を考えざるを得ない人も多いと思う。
              私もその一人だから、気持はよくわかる。



              仕事の不安 職場の不安 会社の不安

              0
                JUGEMテーマ:転職活動

                転職を考えるようになる理由はいろいろあると思うが、転職を考えていなくても、このまま仕事を続けていて大丈夫かなと不安になることがあると思う。
                私の場合は生活を立て直すために、絶えず転職のことや、起業すること、仲間と共同でする仕事など、どこかで成功の糸口を見つけるために、日々考えを巡らしている。

                しかし、最近会社の中で転職を考えている人が増えている。
                業績が思うように伸びず、昇給も期待できない、ボーナスも出そうにない、そんな状況が今後予想できることから、転職を考える人が増えているわけだが、考えてはいてもなかなか踏み出せない人が多いようである。

                いつかチャンスがあれば、転職したいということなのだろうが、自分から努力して転職先を見つける気持ちがなければ、いざ転職できたとしても、その先がない。
                私も今の生活基盤が崩れると、苦しさが増す。
                生活意欲をそがれてしまいかねない。


                新年の転職・就職活動に向けて今できること

                0
                  JUGEMテーマ:転職活動


                  今年もあとわずかとなり、1年を振り返ってみる。
                  苦しいこと、悲しいことが山ほど積み重なった1年であったが、それでも何とか
                  新年を迎えることができそうだ。
                  愚痴ばっかり言っていても仕方がない。
                  今は新しい年に運が上向くよう、着実に準備を進めるだけだ。

                  今年は何とか希望条件に近い線で転職できたが、それでも最低レベルの生活を
                  維持するのがやっとである。
                  まだまだ上を目指さないといけない。
                  そんな気持ちでここ数ヶ月が経ったが、転職のための具体的なアクションはおこさなかった。


                  転職に焦る気持ち 転職で給与アップ

                  0
                    転職してから約4ヶ月経った。
                    多額の借金を抱えての転職だったから、がむしゃらに行動していたような気がする。
                    転職できて喜んだのもつかの間、転職後の給与でも借金の返済でほとんどが消えていく
                    ありさま。
                    気分的に落ち込んでしまうことが多い。

                    うまく転職すれば確かに給与はアップする。
                    当然、アップするところをねらって転職活動を行ったのだから、当然と言えば当然だが、
                    その分、合格のハードルが高くなる。
                    また、責任も、仕事量も給与額に比例するように重く、多くなるのが普通。
                    落ち込んではいられないほどの忙しさが続く。

                    中高年が転職を成功させるT型スキル

                    0
                      中高年が転職を成功させるのに必要なのは「T型スキルセット」。
                      おもしろい見出しだなと思って読んでみたが、内容には納得した。

                      ITmedia ニュース の記事であるが、転職成功者に共通しているのは、
                      「・何かの分野に秀でる。 社内だけでなく、社外の専門家にも一目置かれる
                       ・その会社で仕事をする中で、最低限必要なことは、「最低限」こなせる力」
                      とのこと。




                      中高年にとっての転職と仕事の価値観

                      0
                        転職を決意する一つの理由に仕事や生活に対する価値観がある。
                        仕事にも職場にも満足でき、生き甲斐を感じることができれば最高であるが、
                        なかなか思うようにいかないケースが多いのも事実。
                        特に中高年は仕事や家庭に何らかの悩みを抱えて、転職を考える人が増えていると
                        思う。

                        私も転職は家族をもっと幸せにしたい、収入をアップさせたいなどの理由で決意した。
                        決して仕事自体が嫌であったわけではない。
                        続きを読む >>


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>

                        生活防衛のための転職活動

                        転職理由はいろいろある。もっとやり甲斐のある仕事に就きたい、将来のためにキャリアアップしたい、今の仕事に不満があるからなど、人により理由は異なる。しかし生活防衛のための転職は必死にならざるを得ない。多額の借金を抱えその返済のためにより条件の良いところに転職する、あるいは今の給与では生活を維持するのがやっとの事であれば、転職に目が向くのは当然のこと。ただし、やみくもに転職活動を行っても成功する確率は低くなる。焦らず、転職情報や転職サイト、あるいは転職コンサルタントをうまく活用することも大事。インターネットのハローワークサービスの活用だけに終始していては、せっかくの良い転職条件を見落とすことにもなりかねない。中高年と呼ばれる歳になったが、まだまだチャレンジ人生である。

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:79 最後に更新した日:2011/10/18

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM