スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.10.18 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    転職とボーナスと求人条件の関係

    0
      もうすぐボーナスの時期。
      この時期が近づくと転職希望者が増える。
      もともと転職を考えていても、生活の不安があるから、退職金の他にボーナスは貴重な
      収入源。

      私もボーナスを考えて転職活動しようと思ったことがあったが、気に入った就職条件の企業があれば、すぐに活動しないとボーナス支給時期までその企業が求人しているとは限らない。
      やはり、ボーナスは二の次で考えないといけないのかもしれない。

      ボーナスで気になることがもうひとつある。
      続きを読む >>

      転職の好機、超売り手市場で企業の求人活発化

      0
        転職しても、より良い条件のところがないかと、いつも求人欄に目がいく。
        当然転職サイトや、就職支援サイトの情報にも目を通す毎日。
        今までは、中高年にとって厳しい就職条件のところばかりであったが、最近は少しだけ就職状況は好転しているようだ。

        IZAのニュースで、「大学求人倍率16年ぶり2倍超 労働力確保の格差が拡大」とのタイトルが目に飛び込んできた。
        大企業と中小企業の労働力確保の格差が拡大しているとのことだが、中小企業の採用活動が活発化すると予想される。

        転職がいいのか今の仕事を続けるのがいいのか

        0
          転職して約1ヶ月が経ち、ほんの少し仕事にも慣れてきた。
          新しい職場での初めての給料も入り、以前よりはちょっぴりは生活がましになった。
          ほんのちょっぴり、焼け石に水のような感じではあるが、雪だるま式に負債が増えて
          いくことにはブレーキをかけることができる。

          でも、このままでは解決にはならない。
          職を持ちながら、サイドジョブでも収入を得たいという甘い考えも、今の仕事の厳しさから宙にういてしまう。

          中高年に厳しい仕事環境

          0
            転職して少しでも生活を豊かにしたい。
            誰しも願うことだと思う。
            しかし、人生に大きな負債を抱えているものにとっては、非常に切実な願いになる。

            ほんの少し収入が違うだけで、生活レベルが上がるのか、横ばいなのか、あるいは
            利子だけを返して、借金がそのまま残る生活がずるずると続くのかが決まるのだから。

            そんな最悪の生活から抜け出したいと願って、少々きつい仕事でも転職に踏み切る。

            転職者の事情

            0
              転職する場合、個人それぞれに事情が異なる。
              将来の夢を描いて転職する場合、リストラにあってやむなく転職する場合、
              失業生活に終止符を打つために必死になって就職先を見つける場合など。

              前の転職先で思ったことは、同じような境遇を抱えて転職する人が多いということ。
              最初は転職に至った詳細を語らなくても、親しくなると徐々にわかってくる。
              前職で失敗したり、何らかの理由で負債を抱えて転職したり、私の場合の境遇と
              同じだなと感じてしまう。
              続きを読む >>


              PR

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              生活防衛のための転職活動

              転職理由はいろいろある。もっとやり甲斐のある仕事に就きたい、将来のためにキャリアアップしたい、今の仕事に不満があるからなど、人により理由は異なる。しかし生活防衛のための転職は必死にならざるを得ない。多額の借金を抱えその返済のためにより条件の良いところに転職する、あるいは今の給与では生活を維持するのがやっとの事であれば、転職に目が向くのは当然のこと。ただし、やみくもに転職活動を行っても成功する確率は低くなる。焦らず、転職情報や転職サイト、あるいは転職コンサルタントをうまく活用することも大事。インターネットのハローワークサービスの活用だけに終始していては、せっかくの良い転職条件を見落とすことにもなりかねない。中高年と呼ばれる歳になったが、まだまだチャレンジ人生である。

              selected entries

              categories

              archives

              recommend

              links

              profile

              書いた記事数:79 最後に更新した日:2011/10/18

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM